子どもの夜泣き対策

スポンサーリンク

生後5カ月から夜泣きに悩まされました

 

 

夜中に起きる回数が2回から3回に増え、3回から4回に増えていきました。

 

 

そのように段々と夜中に起きる回数が増え、10回ぐらい起きてしまうようになってしまいました。

 

 

主人は仕事に支障をきたすので、夜中の赤ちゃんのお世話は全て1人でやっていました

 

 

隣の部屋でぐーぐー寝ている主人に腹が立ちましたが、仕方ないと思い私1人で夜泣きの対処をしていました。

 

 

夜9時に寝かしつけても、10時過ぎには泣いて起きる赤ちゃん。

 

 

本当に大変でした。

 

 

私も毎日寝不足で疲れ果てていました

 

 

夜泣きすると目を閉じたままずっと泣き続けていたので、嫌な夢でも見てるのかなと思い、まずは完全に起こしてみるようにしました。

 

スポンサーリンク

 

泣き始めたら大きく両手を叩いて、拍手の音を立てました。

 

 

それでも目を閉じたままでしたら、テレビを付けました。

 

 

子どもの好きそうなテレビがやっていなければ、DVDを付けました。

 

 

そうして夜中であろうとまずは完全に起こしてみました。

 

 

次にお腹がすいて泣いているのかな、とも思いミルクを飲ませたりバナナやおにぎりを食べさせました

 

 

これで完全に目が覚めて泣かなくなりました。

 

 

ですが、完全に目を覚ますと今度は夜中であろうとなかなか寝ません

 

 

子どもは起きてますが、私は眠くて仕方ありません。

 

 

少しでも横になりたい私はベビーサークルを準備しました。

 

 

その中に子どもと一緒に入り、私はその中で横になり少しでも睡眠を確保できるようにしました。

 

 

ベビーサークルの中だと、ハイハイやつかまり立ちで移動されても安全でした。

 

 

結局、色々対策を立てても夜泣き自体は2歳を過ぎるまでありました。

 

 

しかし、自分の睡眠不足解消には少しでも役立ちました

 

 

スポンサーリンク