夜中寝なくて辛かった

スポンサーリンク

まだ長女が6カ月のときです。

 

 

娘は夜中本当に寝なくて2時間起きに起きていました。

 

 

授乳しても寝なくて、ベッドで寝返りしてごそごそしていました。

 

 

当時はベッドで私と一緒に寝ていたので、相手にせず寝たふりということが出来ず、また入眠するまでひたすら待ちました。

 

 

入眠するにも時間がかかったりすると明け方になることもあり、寝る時間もないまま1日がスタートすることもありました。

 

 

娘に効果があったのは夜中ベビーカーで散歩することで、1番早く寝られる方法でした。

 

スポンサーリンク

 

夜中に連れ出すのも考えものでしたが、娘は車が苦手でチャイルドシートも拒否だったので、泣く泣くベビーカーでした。

 

 

ベビーカーも昼間は拒否が多かったですが、夜は涼しくて気持ちがいいのか拒否はせず気持ち良さそうにしていました。

 

 

ベビーカーで寝るまで夜の散歩をして、しっかり眠ったら家に連れて帰り、ベッドで寝かせていました。

 

 

それが1歳まで続きました。

 

 

その後は徐々に、隣で一緒に寝れば素直に寝てくれるようになったので、夜のベビーカーの散歩の回数は減っていきました。

 

 

寝なかった原因はわからないのですが、今思うと時期的なものかもしれません。

 

 

娘が一緒に寝てくれるようになった現在は、夜更かし気味だった私の生活習慣も見直すことができて、一石二鳥だと喜んでいます。

 

 

スポンサーリンク