卵アレルギーで大変でした

スポンサーリンク

食物アレルギーで悩んでいた時期がありました。

 

 

生後8カ月くらいの時に離乳食で食べさせた卵で全身に蕁麻疹が出て発熱、咳や鼻水という症状もあり急いで病院へ行ったところ、1年間卵完全除去するように医師から話しがありました。

 

 

そこから完全除去の生活が始まるのですが、しばらくはうどんや煮物などの和食メニュー、おやつも、お煎餅が続きました。

 

 

今まで気にもしてなかったアレルギー表示などをしっかり見るようになり、意外と卵が使われている食品が多い事にびっくりしました。

 

 

そうやって1年が過ぎて、通ってる保育園では食物アレルギーがある子供は負荷検査を推奨しており、してくるように言われました。

 

 

血液検査は数値が当てにならず、実際に負荷検査をしてみないとアレルギーがどの程度か分からないからと説得されたくらいでした。

 

 

行きつけの小児科がちょうど負荷検査が出来る環境だったので、半日入院で検査をしてもらいました。

 

 

負荷検査をしている時の姿を見ているのはつらいものがありましたが、おかげで子供が今どのくらいまで卵が食べられるのかが知れて良かったです。

 

 

担当医からの指示で、家では毎日1回指定されたグラム数の卵をあげてみて下さいとの事でしたが、それがなかなかのストレスでした。

 

 

子供は今まで食べたらだめと言われていた卵を急に食べろと言われて戸惑ったり、食べ慣れないから嫌がったりし、また親も食べさせてまた蕁麻疹が出るかもというトラウマがあったり、毎朝出勤前の忙しい時に玉子を焼いたりして数グラム計って、とやっていると時間がかかって大変でした。

 

スポンサーリンク

 

そうやって月1~2回通院しながらグラム数を少しずつ増やしていき、卵3分の2は確実にあげられるくらいまで来ていました。

 

 

2才半くらいの時、アレルギー診察する当日だったのもあって、全卵1つ丸々調理して食べられそうなところまであげてみようとあげてみたら、すんなり完食。

 

 

子供が好きな食べ物に混ぜたから完食出来たのかもしれません。

 

 

先生もびっくりしていましたが、卵アレルギーは3才までに克服出来るケースがほとんどだし、数日様子見て大丈夫そうだったら完全解除にしましょう、となりました。

 

 

それから数日様子見てみましたが、なんなく蕁麻疹を出さずに食べられるようになり、無事完全解除になりました。

 

 

保育園でも完全除去の時は卵が混入しないように、他のお友達と離れて給食やおやつを食べていて、赤ちゃんの時は分からないけど、物心がつくとふと寂しくなったり、みんなと食べたいと泣いてしまったり事があったりしたそうです。

 

 

完全解除になってみんなと一緒に給食やおやつが食べられるようになり、とても嬉しそうにしてますよ、と聞いて、ストレスは本当に凄かったですが、負荷検査をしたり通院しながら少しずつ頑張ってきて良かったと思いました。

 

 

アナフィラキシーショックで呼吸困難になり命にかかわるケースもあると思いますので、負荷検査が絶対にいいとは言い切れないところはありますが、食物アレルギーに詳しい先生とよく相談して、もし負荷検査が出来そうな感じなら、一度検査してみるといいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク