子供のごはんの好き嫌いに悩んだ

スポンサーリンク

私の子どもはとにかく好き嫌いが多く、当時はとても悩みました。

 

 

赤ちゃんの頃からおかゆと麺類以外は全て拒否・・・

 

 

ハンバーグやチキンなどの子供が好きそうなメニューもダメ・・・

 

 

野菜ももちろん嫌い・・・

 

 

こんな状態で、周りからは「どういう食事を与えてきたんだ」「母親の作る料理が相当マズイんじゃないか」と言われているんじゃないかと、正直当時はノイローゼ気味でした。

 

スポンサーリンク

 

当時はとにかく残されてもいいから色々な料理をプレートに乗せる、小さく切って混ぜる、可愛いお皿に盛りつける、叱りつけてでも嫌いなものを食べさせる・・・

 

 

あの手この手をつくしましたが、ほぼ全滅。

 

 

でも、そうやって必死になっている私を見て夫が「せっかくの楽しい食事が嫌なものになってしまったら逆効果なんじゃない?」と言いました。

 

 

それを聞いて、「確かにそうかも」と思いました。

 

 

思えば私自身も子供の頃はかなり好き嫌いが多かったのですが、今は大抵のものは食べられます。

 

 

焦ることはないのかも、と思い直しました。

 

 

と言うことで、それ以降はもう「子供が好きなもの」をメインで作るようにしました。

 

 

そして、「〇〇ちゃんは今は好き嫌いが多いけど、大きくなったらもっと色々食べられるようになるからね、大丈夫だよ」と、安心させつつも「大きくなったらもっと色々と食べられるようになってね」という気持ちも刷り込んでいきました。

 

 

たまに子どもがそんなに好きでないものも少しだけあげてみて、食べられたら「すごーい!」と褒めまくるというのもしました。

 

 

子どもは現在小学校4年生。

 

 

まだまだ嫌いなものもありますが、給食は頑張って完食しているようですし、小さい頃に比べればかなり食べられるものも増えました。

 

 

好き嫌いに関しては焦らないこと、そして「食事の時間は楽しく」というのを大事にすることがポイントだなと今は思います。

 

 

スポンサーリンク