オムツはずしはちょっとしたタイミングで外れるものです

スポンサーリンク

周囲と同じ1歳になった頃から、みんなオムツはずしの事が話題に出ていました。

 

 

とりあえずトイレに座らせる、出なくても座らせる事で習慣が付くというのですが、私の場合も1歳から周囲の流れでトイレに座らせる事にしました。

 

 

しかし、座るのも嫌がる、一向に出ない、諦めてトイレから出た時に出てしまうなど、失敗の繰り返しでした。

 

 

そこでオムツをする事を全く止めてみようと思いました。

 

スポンサーリンク

 

子供のする間隔を測ってみたところ、1回して5分後にまたするなど、する間隔が短かったので、これでは無理かなっと思っていたのです。

 

 

それでも1ヶ月は辛抱強く続けたのですが上手くいかず、タイミングではないのかと諦めました。

 

 

そして2歳になって、またチャレンジしたのです。

 

 

するとトイレでするのを怖がって、トイレになるとオムツをしたがりました。

 

 

そこでオムツを隠して、おまるを試してみました。

 

 

おまるは遊び半分で座っていたのですが、遊びの途中でする可能性もあるので、おまるを適当に置いていたのです。

 

 

するとおまるに座った時にたまたま出て子供もビックリしたのですが、嬉しくて私が大喜びしているのを子供が見て喜んで、おまるでするようになりました。

 

 

それから一気にトイレに移行してオムツはずしが終了しました。

 

 

思いがけずあっけなくオムツがとれてしまったのですが、根気強くがんばって良かったです。

 

 

スポンサーリンク