旦那さんをイクメンにする方法

スポンサーリンク

子育てにおいて大切なのは「母親一人で抱えきらないこと」です。

 

 

子育ては「これだ」という正解はないので、悩み多きものとなりがちです。

 

 

1人で子育てをしていると「私って駄目な母親かも」「もう限界かもしれない」と悪い方向へ考えてしまうこともあるでしょう。

 

 

ですから、助けてくれる人が多いほどママ自身の身体的、精神的負担を軽減させることができます。

 

 

中でも一番頼りにしたいのが「夫」の存在です。

 

 

最近では「イクメン」と呼ばれる男性も増えてきています。

 

 

我が家の夫もイクメンにしてしまえば、子育ては今よりずっと楽になるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

イクメンにする方法としては、まず、とにかくしてくれたことに対して褒めまくりましょう。

 

 

例えば、おむつを替えてくれたり、ミルクを与えてくれたり、家事を替わってくれたりしたら「すごい上手だね」「助かるわ。ありがとう」と感謝の気持ちを表しましょう。

 

 

決してやり方が不十分だとしても、その場でやり直しをしないことです。

 

 

次に子供と接触する機会を増やすのもおすすめです。

 

 

子供もパパとより多く接触することによりパパに好意を持ちます。

 

 

おしゃべりができるようになれば「パパ大好き」の言葉にいちころになってしまう男性も多いでしょう。

 

 

誰かから期待されているということに男性は喜びを感じやすいのです。

 

 

また、男性は道具にこだわりたい習性もあるので、一緒に育児グッズを買いに行くのも良いでしょう。

 

 

自分が選んだ育児グッズならすすんで育児を手伝ってくれること間違いなしです。

 

 

スポンサーリンク