子育ての時に役立った漫画【どんぐりの家】(あらすじ ネタバレあり)

スポンサーリンク

「どんぐりの家」を友人に借りて読みました。

 

 

同じ母親として胸が苦しくなる内容で、自分の日々の子育てとどうしても比べてしまい、恥ずかしいという気持ちにもなりました。

 

 

子供たちは、よく食べ、よく寝て、あまり母親に執着もなく、わりと育てやすい子供です。

 

 

そんな子供たちにも、感情的に自分都合で怒鳴ったり怒ったりしてしまい、子供たちの本当の姿や思いを見れていないと思うことがよくあります。

 

 

自分の思うように子供たちを行動させているような気がします。

 

 

子育ては比べるものではないと思います。

 

 

人それぞれ子育ての悩みがあり、感じ方も母親によってそれぞれだとは思いますが、やはり私は子供たちが障害を持って産まれてきた子供とを考えると、自信がありません。

 

スポンサーリンク

 

この漫画を読んで、母親の強さや愛情を感じると同時に、自分の母親としての甘さを痛感しました。

 

 

また、これから幼稚園や小学校に子供たちが行き、障害をもった子供と接することがあった場合、私は母親としてどのように子供たちに教えればよいのかも考えさせられる内容の漫画です。

 

 

自分の子育てでいっぱいいっぱいで落ち込んでいる時に読むと、余計に深く考え込んでしまう漫画ですが、母親としては是非読んでおきたい漫画です。

 

 

>>> 電子書籍ストア BookLive! <<<

『どんぐりの家』で検索してください

 

 

漫画を読むならオススメは電子書籍!

 

スマホ、タブレット、パソコンからいつでも好きな時に購入できて、いつでも好きな時に好きな場所で読むことができます。

 

 

また、無料の試し読みがすぐに読めるので、中身を確認してから購入することができるし、割引もあるので実際に書店で買うより断然お得!

 

 

子供がいて書店に行くことができなかったり、ゆっくり選ぶことができない・・・

 

 

子供の洋服や道具があって、単行本を置くスペースがない・・・

 

 

子供のことで手一杯で、単行本の整理整頓がなかなかできない・・・

 

 

こんな子育て世代には、特に電子書籍はピッタリだと思います!

 

 

まずは気軽な気持ちで覗いて見てください。

 

 

>>> 電子書籍ストア BookLive! <<<

『読みたい漫画名』で検索してください

 

 

スポンサーリンク