赤ちゃん返りはいつかは治まる、冷静に対処する事が大切である

スポンサーリンク

うちは娘・息子の順番で二人の子供がいるのですが、二人目が出来た時に娘の赤ちゃん返りが酷く毎日毎日泣きたい気分でした。

 

 

息子に母乳をあげていると、娘は寂しさからか大声をあげて泣くようになりました。

 

 

息子も泣く、娘も泣くでイライラが溜まってしまい、いつも上の子という理由で娘を怒ってばかりいました。

 

 

そんな娘も2歳半で、まだまだ赤ちゃんと同じです。

 

 

それはわかってはいるつもりですが、子供の成長の早さから、つい同じ目線で物事を言ってしまう自分がいました。

 

 

そんな自分にも反省をしてはいるけど、感情の高ぶりが抑えられずに、つい物に当たったりしていました。

 

 

まだ生まれて2年しか経っていないのにと、いつも心の中では思っていたのですが・・・

 

スポンサーリンク

 

娘はママっ子で今まで離れたことがあるのは、出産の時だけでした。

 

 

そんな母親がいきなり大声をあげて怒り始めたので、いつもビクビクするようになったのです。

 

 

それでも「ママ、ママ」と懐いてきてくれる子供は、やはり可愛いのです。

 

 

そして、娘と同じ年のお母さん達と仲良くなり話すようになって、やっと冷静に子供を見れるようになれたのです。

 

 

どこの家庭でも同じような事を子供はしているのだと、そして感情のまま動く事は駄目だと、自分に言い聞かせるようにしたのです。

 

 

そして感情が高ぶった時には一呼吸を置く様にもしたのですが、今までなかったこの一呼吸を行う事でも少し冷静になれたような気がします

 

 

スポンサーリンク