子供の「指しゃぶり」の悩みと解決法

スポンサーリンク

うちの子は赤ちゃんの頃から指しゃぶりが大好

 

 

3歳になってもやめる様子はなく、3歳児検診の際には「出来れば小学校に上がる前に治したいですね」と言われてしまいました。

 

 

私は漠然と衛生的ではないし、いつまでも幼い子みたいで良くないのかなと思っていましたが、他にも色々なデメリットがあるそうです。

 

 

例えば発音。

 

 

指をしゃぶる癖がつくと舌の使い方が悪くなり、挙げ句発音にも影響を及ぼすこともあると教えてもらいました。

 

 

確かにうちの子は、同年代の子に比べて舌足らずな話し方をしていたので、これには納得。

 

 

他にも前歯が出っ歯になりやすくなったり、精神的に不安定な子になりやすかったりというお話を聞いて、これは本格的に治してあげようと思いました。

 

スポンサーリンク

 

最初はうちの子と「もう指しゃぶりはやめようね」と約束し、指を加えているところを見つけたら注意する方法をとりました。

 

 

しかし、いくらやっても改善する見込みがなく、私は他の方法を考えることにしました。

 

 

そこで試したのがテーピングです。

 

 

医療用の肌に優しいテーピングを買ってきて、うちの子がよくしゃぶる親指に巻き、上からマジックでウサギやクマのイラストを書きました

 

 

毎日イラストの種類を変えてあげるととても喜んで、楽しみにしてくれました。

 

 

そしたら「ここにはウサギさんがいるからね」等と言って、自然と指しゃぶりしなくなっていきました。

 

 

このやり方でなんとか小学校に上がる前までに完全に治すことが出来ましたよ。

 

 

子どもと一緒に楽しみながら出来る解決法だったから、成功したのではと思っています。

 

 

スポンサーリンク