下の子が生まれた時の上の子の苦悩

スポンサーリンク

歳が近い兄弟は、一気に子育てが終わってあとから楽できるという利点がある反面、子どもが小さい内は毎日が怒涛でジェットコースターのように過ぎ去り、それに伴い様々な問題にもぶつかりがちです。

 

 

その代表的な問題の一つに、下の子が生まれた時の上の子のメンタル問題があります。

 

 

我が家は1歳5ヵ月差の兄弟なのですが、下の子が生まれてから上の子の情緒が不安定になり、以前はできていたことができなくなったり、夜泣きを始めたり、ヒステリックに泣き叫ぶことが増えてしまいました。

 

 

寂しい思いをさせているのかなー、とできるだけ上の子との時間をとり、一緒に遊んだり本を読んだり色々と工夫をしてきたつもりでしたが、なかなか解決せず、どうしたものかと頭を抱える日々でした。

 

スポンサーリンク

 

そんな時、たまたま誘われて地域の子どもサークルに行きました。

 

 

その日は上の子も自分と同年代のお友達と遊んだり、普段家の中でしないような激しめの遊びをしてストレス発散になったのか、家に帰ってからもお昼寝をしてご飯を沢山食べて早い時間に就寝、夜泣きもしませんでした。

 

 

よくよく考えてみたら、下の子がいるということもあって、いつも私は遊んであげるのは大抵室内で、外に行ったとしても下の子を連れているので一緒に走り回ったりダイナミックな遊びをさせてあげることができていませんでした

 

 

疲れていないからご飯もあまり食べないし、睡眠も十分にとれず、余計にイライラさせていたのかもしれません。

 

 

サークルでそのことに気づいてから、サークルがない日もできるだけ外に連れ出して、お友達を作って毎日走り回ってもらうことで、以前のような情緒不安定は改善していきました

 

 

今では毎日公園に連れていけとせがまれ、元気すぎて逆に困っていますが、本人が楽しそうなのでよかったなー、と感じています。

 

 

スポンサーリンク