「お友達をかむ」ことに悩んでいました

スポンサーリンク

3人兄弟の一番下の2歳の男の子には、物を取られたり、叩かれたり、押されたりの仕返しに「噛む」ことがありました。

 

 

上に姉が二人いて、体力的にもかなわないこともあり、噛んでやり返しているようでした。

 

 

姉にしたときも「噛んだら痛いでしょ?噛むのはダメよ。やめてと言葉で言ってごらん」と言い聞かせてきたのですが、やはりその後も何度か姉に噛んで仕返ししていました

 

 

そんなある日、息子の幼稚園プレに行った時のことです。

 

 

幼稚園プレは親と離れて子供と先生だけで過ごすのですが、自分の席にお友達が座っていたため「ここは自分の席だからどいて」と言ったらしいのですが、どいてもらえず押されてしまったようです。

 

 

そして、仕返しにお友達の腕を噛んでしまった、と先生よりお話がありました。

 

 

先生に怒られた息子は泣いてしまったようですが、親の私が怒るよりも応えたようで、その後は姉達とのやり取りの中でも噛むことがなくなりました

 

 

相手の親とはお話しすることができ謝罪し、こじれることなく幼稚園プレも一緒に続けていけたので良かったです。

 

スポンサーリンク

 

先生からも「2歳児はこれをやってはダメと一度注意してもまた繰り返します。その度に何十回でも何百回でも言い聞かせてくださいね。噛まれた親はもちろん、噛んでしまった方の親も悩み苦しい思いをしています」とのお話をしてくれました。

 

 

噛むことがなくなったとはいえ、道路の飛び出しなど危ういことがまだまだ色々と出てきます。

 

 

その都度「こうしたら危ないから気を付けないとね」と何度でも言い聞かせてこうと思います。

 

 

自分の気持ちも言葉にできる3歳になり、少しは落ち着きが出てきたかと思いますが、まだまだです。

 

 

子供と楽しみながらも、いけないものはいけないと伝えながら、親子ともに成長できたらと思います。

 

 

スポンサーリンク