トイレトレーニングは焦らず、気長に!焦って失敗した、我が家の場合の克服法

スポンサーリンク

子どものトイレトレーニングに悩むママって、結構多いですよね。

 

 

私の知り合いでは、近所で「いつオムツがとれるか」がママ同士の競争のような雰囲気になった経験があって辛かった、という人もいました。

 

 

幸い、私がトイレトレーニングに取り組んでいたときには、そのようなことは無かったのですが、子どもがなかなかトイレに行く気になってくれない、ということで大変悩んでいたことを、今も覚えています。

 

 

我が家で子どものトイレトレーニングに失敗した点は、「開始時期が早すぎた」ということです。

 

 

夫が焦って1歳半頃から勝手にトレーニングを開始し、私が止めても無視して続けてしまった結果、トレーニングを開始するのに最適といわれる時期(2歳の夏)には、子どもがすっかり飽きて、トイレに行かなくなってしまったのでした。

 

 

3歳になって理解力が増してから短期決着のつもりで始めるのも、トイレトレーニングに苦労しなくて済む1つの方法らしいので、オムツはずれを急ぐ必要がなければ、そうした方が良かったのだろうと思います。

 

 

すっかりトイレがイヤになってしまった子どもに、なんとかトイレに行かせようと、まず試したのは「いきなりパンツに変更」でした。

 

 

漏れる感覚や濡れたパンツが気持ち悪ければ、トイレに行くようになる、という理屈です。

 

 

しかし、これには子どもなりの解決法があったのです。

 

 

それは、「好きなところでお漏らしをする→自分で勝手にパンツを脱いで、はき替える(脱いだパンツはその場に放置)」というもの。

 

 

掃除と洗濯の手間が増えただけでした。

 

 

結局、即決は諦めて、「その気になるまで気長に言い聞かせる&決まったタイミングでトイレに連れていく」作戦に。

 

スポンサーリンク

 

子どもが好きな人気キャラクターのシールやステッカーでトイレを飾り、ちょっとしたオモチャも用意。

 

 

定番の「できたよシール」も用意したのですが、こちらは子どもが意味を理解できず、我が家では役に立ちませんでした。

 

 

まずはトイレに行けるようになるだけでも進歩、と考え、トイレに連れて行ってはのんびり一緒にオモチャで遊ぶようにしました。

 

 

この作戦はある程度効き目があったようで、子どもがトイレに行くのをあまり嫌がらないようになりました。

 

 

お漏らしをしなくなったのは、結局、3歳で幼稚園に入園して以降です。

 

 

幼稚園に入園すると、周りの子がトイレに行くせいか、割とすぐに「オシッコはトイレでする」ということを覚えました。

 

 

今思えば、トイレトレーニングに重要なのはやはり、タイミンなのでしょうね。

 

 

焦り過ぎると結局、親にも子にもストレスを与えてしまうだけだと思います。

 

 

「いつかはできるようになるさ」程度に考え、気長に待つのが良いのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク