離乳食についての悩み

スポンサーリンク

初めての子育て。

 

 

生後5〜6ヶ月で離乳食をスタートさせました。

 

 

本を買って見よう見まねで作って食べさせてみるものの、本当にこれでいいのかよくわからなくて日々悩みました

 

 

そんなだから口元に食べ物を運んで、いらないとプイなんて子どもにされたら、当然心がザワつきます。

 

 

「どうして食べてくれないの??」という疑問から、ひどいときにはそれか怒りに変わってしまったり。

 

 

また、助産師さんなどが良いと言う野菜スティック。

 

 

うちの子は全く食べませんでしたので、それをボリボリ食べているという話なんかをお友だちママから聞けばさらに凹む・・・

 

 

しかも、悩んでいるということを人に打ち明けるのができなかったことも、母親としての自分を辛くしていたと思います。

 

 

本当にこの離乳食期は、上手くできている実感がないまま終わったといえます。

 

 

そう、結局悩みを克服できないまま普通食に移行していったのです。

 

スポンサーリンク

 

強いていうなら・・・

 

 

離乳食を思うように食べてくれなくて凹みながらも、なんとか気持ちを切り替えることを繰り返し、子どもと向き合ったり、たくさん遊んでかわいがってあげたりすることをやめなかったということかなと思います。

 

 

そうしながらやがて辛い時が過ぎ、しばらく経ってから「うちの子全然離乳食食べてくれなくて本当に悩んだ」とさらっと言えたとき、「うちもそうだったよ」なんて思わぬ返事が返ってきたりして心から救われる思いがしたんです。

 

 

上手くいかなくても、自分の子どものことを一生懸命考えていれば大変なことにはならないのかなと。

 

 

時間が経てば自分の努力や苦労も報われるから大丈夫!

 

 

今、悩んでおられるママさん、そしてあの時の自分自身に言いたいです。

 

 

スポンサーリンク