おやつばかりせがむ息子への悩みとその対処法

スポンサーリンク

1歳8ヶ月ごろになって、息子がおやつをせがむようになりました。

 

 

息子は何かあるとすぐおやつの置いてある戸棚を空け、おやつの入った缶を持って私のところへ駆け寄って来ておやつをせがみます。

 

 

おやつを与えてほっとしたのもつかの間、30分後にまたお菓子を漁りに行きます。

 

 

おやつを食べ過ぎるとおなかを壊すし、ご飯も食べられなくなるし、虫歯の原因となるし、息子のおやつをせがむ行動に悩んでいました。

 

 

飲み物をせがむ時も同じで、牛乳を与えて30分後にまた牛乳を欲しがりに冷蔵庫の所へぴったりくっつきます。

 

 

牛乳も飲み過ぎるとおなかを壊すので、飲み物をせがむ時の行動もまた悩みのひとつでした。

 

スポンサーリンク

 

そこで私がとった行動は、「おやつをせがんだときは他の好きなもので気を紛らわす」ということです。

 

 

昼間なら、お散歩や買い物へ誘って外へ連れ出し、おやつを忘れさせるという行動を起こしました。

 

 

効果は抜群で、外出中は全くおやつについて言及もなく、外出自体も嫌がらず、むしろ楽しそうにしていました。

 

 

夕方や夜の場合は、大好きなおもちゃや幼児向けテレビ番組で気を紛らわしたり、二階へ連れ出して二階で遊んで過ごしていました。

 

 

こちらも効果は抜群で、おやつのことを忘れたかのように遊びに夢中になっていました。

 

 

スポンサーリンク