子供のねんねの悩みと対処法

スポンサーリンク

日によって息子の寝つきが良い日と悪い日があり、ねんねで悩んでいた時期がありました。

 

 

日によっては23時や0時になってやっと寝た日もありました。

 

 

本人のことを考えると、21時ぐらいには寝て欲しいと思っていました。

 

 

試行錯誤を繰り返し、以下の方法でなんとか克服できました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

①昼寝の時間を早める

 

 

昼寝の時間を早めることで、夜早く寝るよう誘導しました。

 

 

かなり早いのですが、朝の9時か10時ぐらいに1度睡眠をとると、夜7時ごろには寝てくれるため、用事がない時は昼寝の時間を早めることを心掛けました。

 

 

その際に心掛けたのが、私も一緒になって寝ることです。

 

 

私も一緒に寝ることで、息子もつられて寝るようになります。

 

 

②寝る時間の30分前に消灯する

 

 

寝つきを良くするために、寝る時間の30分前になったら電気を消し、部屋を暗くします。

 

 

そして、私も一緒に寝る(寝たふり)姿勢になります。

 

 

さすがに消灯してすぐには寝ず、消灯後30分から1時間後にやっと寝てくれます。

 

 

ねんねには忍耐が必要なのだと感じます。

 

 

③歌を歌ってあげる

 

 

意外にも、歌を歌ってあげると寝つきが良くなります。

 

 

私の息子は、「ゆりかご」や「夕焼け小焼け」などの歌を歌ってあげると、気持ちよくなって寝てしまいます。

 

 

スポンサーリンク