子供の「くすりを飲まない」の悩みと克服法

スポンサーリンク

子供が成長すると、薬の処方がシロップから粉薬へと変わります。

 

 

すんなり飲んでくれない子の親にとっては、どうしたら飲んでもらえるのかが大変な問題

 

 

一刻も早く病気を治すには、確実に飲ませることが大切です。

 

 

一般的によく使われていたオブラートは、小さな幼児には不向きです。

 

 

オブラートの分、量が増え、口内で破ければ薬嫌いを助長させることもあります。

 

 

最近良く売られているのが、ゼリータイプの薬を飲ませるための専用品

 

 

こちらは子供によってはすんなり受け入れてくれます。

 

 

ただし、一部の抗生物質は柑橘系と混ぜるとより苦味を感じるので、その場合はチョコレート味などを選ぶと良いでしょう。

 

 

ゼリータイプのデメリットは、お金がかかることと量が増えることが挙げられます。

 

スポンサーリンク

 

最もおすすめな方法は、粉薬に水を数滴混ぜて「おくすりだんご」を作ること。

 

 

これなら量も増えず、一口ですんなり終わります。

 

 

成功のポイントはラムネのような硬いテクスチャーにすること。

 

 

口内で溶ける前に飲み込めるので、薬の味が苦手な子も嫌がらずに飲み込めます。

 

 

幼児の薬は量がとても少なく処方されますので、少しでも吐き出したり残っては効果が薄れる場合もあります。

 

 

その点のおいても、おくすりを硬く丸める「おくすりだんご」はおすすめですよ。

 

 

スポンサーリンク