子育ての時に役立った漫画【子供なんか大キライ!】

スポンサーリンク

子育てをやる上で絶対に母性が湧いてくるものだ、そしてどんな時でも最優先にして愛情を持って接していかないといけない、なんてずっと思っていたので、正直子供が苦手な私は子供を作ることが嫌でたまりませんでした。

 

 

しかし、この「子供なんか大キライ」という漫画に出会って、子供が嫌いな人でも立派に子供を育てることができるんだ!と目からウロコでした。

 

 

子供嫌いな著者が自分で試行錯誤しながら毎日の子育てを描いた作品なのですが、まさに子育てに正解はなく、いろんな方法で子供に接してもいいんだと気付かせてくれた漫画です。

 

 

もちろん子供と真剣に向き合い子供の気持ちはしっかり受け止めながらも、自分の趣味や言いたいことも我慢せず、子育てにも神経質になりすぎずにまぁいっかの精神を持って取り掛かる著者の姿勢は、同じ母親としてすごく楽しそうだなぁと思いました。

 

 

子供が苦手で子供を産んでもそれは変わらず、母性がなくても同じ人間として責任を持ってしっかり我が子に向き合い、悲しかったことや嬉しかったことを聞き出したり、いけない事をしたら叱る、良いことをしたらちゃんと褒めるなど、シンプルなしつけが案外子供にはストレートに響くようでした。

 

 

この漫画の中で娘を育てているように、私も娘を育てているので、同じ悩みにぶつかった時は参考にしています。

 

スポンサーリンク

 

他の育児漫画はとにかく我が子がかわいいを前提に描いているのですが、この漫画はその時点から切り口が違うので見ていてとても身近に感じました。

 

 

もちろん我が子が可愛くないわけではないのですが、初めての育児に戸惑い、可愛いと思う余裕も母性も感じる暇がなかった私にとって、こんな母親で良いのかと途方にくれていた中で出会えたのですごく助かりました。

 

 

おかげで私も著者のように慌てることなく、まぁいっかの精神を持ちながら子供とは真剣に向き合って、育児を日々頑張ることができています。

 

 

これからも、子供なんか大キライを愛読しながら子育てに励みたいと思います。

 

 

>>> 電子書籍ストア BookLive! <<<

『子供なんか大キライ』で検索してください

 

 

漫画を読むならオススメは電子書籍!

 

スマホ、タブレット、パソコンからいつでも好きな時に購入できて、いつでも好きな時に好きな場所で読むことができます。

 

 

また、無料の試し読みがすぐに読めるので、中身を確認してから購入することができるし、割引もあるので実際に書店で買うより断然お得!

 

 

子供がいて書店に行くことができなかったり、ゆっくり選ぶことができない・・・

 

 

子供の洋服や道具があって、単行本を置くスペースがない・・・

 

 

子供のことで手一杯で、単行本の整理整頓がなかなかできない・・・

 

 

こんな子育て世代には、特に電子書籍はピッタリだと思います!

 

 

まずは気軽な気持ちで覗いて見てください。

 

 

>>> 電子書籍ストア BookLive! <<<

『読みたい漫画名』で検索してください

 

 

スポンサーリンク