育児疲れの解消法

スポンサーリンク

私は昨年の3月に男児を出産して以降、何度も育児疲れに陥りました

 

 

息子がなかなかご飯を食べてくれない、ミルクも飲んでくれない、駄々をこねる、家事の邪魔をする度に、気がつけばストレスが溜まっていく自分がいました。

 

 

また、自分の時間が取れなかったり、睡眠が十分に確保出来なかったりして、自分自身がまるで縛られているような感覚になり、精神的に追い込まれた状態になりました。

 

 

その結果、旦那や息子に八つ当たりするようになり、家族が険悪なムードになりました

 

 

そんな中、私はこうして育児疲れを解消しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

①実家に帰る

 

 

睡眠を十分とったり、買い物に出かけたりするために、実家に帰りました。

 

 

半日、あるいは一日子供を実父・実母に預けることで、自分自身にゆとりが持てたり、体力を回復することができて、育児疲れが解消されました。

 

 

また、実母に育児の悩みについての相談ができるので、一石二鳥です。

 

 

②市の保健師さんに話を聞いてもらう

 

 

私の住んでいる市の保健師さんは、優しく熱心に私の話を聞いてくれ、適切なサポートをしてくださります。

 

 

月一回の育児相談の際に、育児の悩みを聞いてもらったり、自分が抱えていることを話をするだけで、一気に育児疲れが解消し、また今日から子育て頑張ろう!という気になります。

 

 

③子供と一緒に出かける

 

 

私はコンサートや図書館に行くのが大好きで、ストレスの解消と育児疲れの解消、子供への刺激のために、よく子供と一緒に図書館やコンサートに出かけました。

 

 

音楽や本に囲まれて、自分の心にゆとりが持て、子供も家とは異なる場所に嬉しくなるので、一石二鳥です。

 

 

スポンサーリンク