左利きであること

スポンサーリンク

私の息子が生まれたとき、気になっていた点が一つだけありました。

 

 

ご飯を食べるときのスプーンなど、物を持つときは全て左手で持っていたことです。

 

 

主人、私の両親ともに左利きの人がいなかったので、息子が左利きであったことに驚きました。

 

 

初めはただ利き手が違うだけだという程度の見方だったのですが、実際に鉛筆をもって字を書くようになった時のことを考えると、左利きでは不便ではないかと感じ始めました

 

 

その時、主人と相談し、勉強などを始めるようになって鉛筆などを持つ時には、右手で持たせるように指導することで一致しました。

 

スポンサーリンク

 

幼稚園に入って、絵や字を書くようになった時に、息子に右手で鉛筆やクレヨンを持つことを見せながら、指導してみました。

 

 

しかし、利き手というのは生まれつきの性質なのでしょうか、息子は右手で持つことを嫌がりました

 

 

強引に右手で持たせるということもさせたくなかったので、幼児教育の先生に相談を依頼したところ、当時の勉強道具に右利き用で書くための絵本があり、これを子供に与えると左手では書けないことに気づき、右手を使い始めるようになりました。

 

 

食事をする時のスプーンも右利き専用のスプーンがあったので、持たせてみたところ、こちらも時間とともに自然と右利きとなっていきました

 

 

周りのお母さん友達と話していたところ、1~2歳の時点でもう右利きで物を持つ練習をさせると、無理なく覚えさせることができるようです

 

 

私の息子は幼稚園からだったので少し遅かったようですが、大人になるまで、左利きを矯正されていたことに気づいていなかったようです。

 

 

スポンサーリンク