子育ての時に役立った漫画【ちびまる子ちゃん】

スポンサーリンク

子どもの頃からよく読んでいた「ちびまる子ちゃん」は、設定年代が少し上ではありますが、学校の風景や子供同士のやり取りなど、とても共感するところがありました。

 

 

大人になってからも継続して読んでいましたが、アニメ化、実写版化されて現在に至っています。

 

 

その間、自分も子供を持ち、子供がまるちゃんたちと同年代になりました。

 

 

私が集めたちびまる子ちゃん全巻は、現在では子供が読んでいます。

 

 

私が子共の頃同様、世代は違えど共感を覚えるところも私の感覚と一緒です。

 

 

子共だった自分が大人になり、その自分の子供がマンガを読んでいる姿が、何だか不思議です。

 

スポンサーリンク

 

ちびまる子ちゃんは、忘れていた子供時代の気持ちや現在とは違う昔の感覚などを思い出させてくれたり、あるいは今とは全然違うなと気づかされる一コマがあります。

 

 

例えば、ちびまる子ちゃんでは、まるちゃんが黒板に書いた算数の答えが違っていたため、クラスメイトが爆笑するシーンがあります。

 

 

この時代では、当たり前のことだったのかも知れません。

 

 

自分たちもそうでした。

 

 

しかし、我が家の子供たちは一生懸命答えを書いてたまたま間違っていただけなのに、なんで笑うのか、ヒドイのではないかと感じたと言います。

 

 

なるほど今では確かにそうだ、昔の教育は子共の気持ちに対して抜け落ちているところもあるなと、ハッとさせられるところがありました。

 

 

それと同時に、良い悪いの分別がきちんとできている子供にも関心したところです。

 

 

また、まるちゃんが親友のたまちゃんとケンカをして口を利かなくなる話があります。

 

 

この話は、最終的にはお互いが悪かったと、仲直りをする感動の結末です。

 

 

友人同士のささいな行き違いなどは、誰もが経験することですが、大抵はどちらにも非があるもの。

 

 

このやり取りも、子供にとってはためになる話ではないかと思います。

 

 

ちびまる子ちゃんでの疑問や感想は、親子で話をしますので、あたかも道徳の授業のようでもあります。

 

 

このように、今と昔では常識が違っているところなど、自分にも子供にも大変ためになるマンガではないかと感じた瞬間でした。

 

 

大人が忘れがちな子供の感覚を取り戻してくれるのがちびまる子ちゃんの良いところ、ではないででょうか。

 

 

>>> 電子書籍ストア BookLive! <<<

『ちびまる子ちゃん』で検索してください

 

 

漫画を読むならオススメは電子書籍!

 

スマホ、タブレット、パソコンからいつでも好きな時に購入できて、いつでも好きな時に好きな場所で読むことができます。

 

 

また、無料の試し読みがすぐに読めるので、中身を確認してから購入することができるし、割引もあるので実際に書店で買うより断然お得!

 

 

子供がいて書店に行くことができなかったり、ゆっくり選ぶことができない・・・

 

 

子供の洋服や道具があって、単行本を置くスペースがない・・・

 

 

子供のことで手一杯で、単行本の整理整頓がなかなかできない・・・

 

 

こんな子育て世代には、特に電子書籍はピッタリだと思います!

 

 

まずは気軽な気持ちで覗いて見てください。

 

 

>>> 電子書籍ストア BookLive! <<<

『読みたい漫画名』で検索してください

 

 

スポンサーリンク